« 今年もよろしくお願いいたします。 | トップページ | 旅紀行Vol.5 飛騨高山 »

岩山君ありがとう。

鏡開きも終わりました。戎さんもおわりました。

残念な訃報のご報告です。昨年の同窓会にも出席された後にのことだったようです。

わたしが書くよりも、Y岡君からコメントとともにいただきました写真で皆様の思い出とともに、心からご冥福をお祈りしたいと思います。

「彼の家には高校時代は夜間しか訪問した記憶がない。彼の屋根裏部屋?の窓に小石を投げて合図、母上の目を盗み入室、サイホンで入れたコーヒーを飲み、あとは〇〇トリ―RED?・・・
 JAZZへの薀蓄が深く、レコード盤も何百いや何千枚?所蔵していたと思う。深夜までレコード鑑賞が続いた。

 K家氏による、「葺合現役時代の彼は、26か27インチの黒の綿パンツを細く詰めて愛用・・・」これは【飛んでる!写真】を見ると、それがわかる。そして身長にコンプレックスがあったようで、着用のブーツには仕掛けが?今で言う「シークレットブーツ」。当然、着地はそれが災いし足首捻挫だったように記憶している。

 それと2枚の写真!知っている人しか知らない(笑)!!恥ずかしいので集約してますが、写ってる方々、ご勘弁を!
 誰が言い出したか覚えてないが?社研の部室の床からトンネルで応援団部室へ!然しながら大きなコンクリートの塊に阻まれ断念。でも2畳ほどの空間が完成、達成感!?
 あの頃はみんな何を考えていたのか、日曜日も何人かは穴掘りに行っていた。
 ある日、フォークソング同好会の定例コンサートの時、顧問の三好先生が穴を発見!ひどく怒られた記憶はないが、授業中にもかかわらず埋戻しに行かされた(笑)

 キャノンのキャノネットというカメラで写真を撮った(現在はNIKON)。ネガが見当たらず、探し出したが劣化が激しく何とかスキャナーでデジタル化して写っている主なメンバーには贈った。3年位前かな?当然、岩山も喜んでくれた。
 あの頃が懐かしい・・・・・寂しくなった・・・合掌」

1484188066953

1484188073015_1

1484188073015_2

1484188078564

1484188078564_1

順不同かもしれませんが・・・ご理解くださいね。合掌

【追記】同窓会の時の写真をいただきました。元気な時の思い出に載せてくださいとですので。あまりコメントが広がらないと・・・気にされています。でも、しっかりアクセス数は広がっていますので、安心してくださいね。懲りずに写真お待ちしています。幹事長にですが。
 記事がなかなかアップできないのは、写真の圧縮や記事を書くのに長時間必要なそうです。そこは、頑張ってる姿を想像してお許しくださいね。そんな時はちょこっとバトンタッチします。
 コメントがもっと増えると、幹事長も頑張る力がプラスされるかな~~。わたしも書いてないやん??ですね。反省してまぁす。

 

プラス写真で、偲んでいただけるでしょうか。彼はこれだけ思われている方々がいたことに、きっと笑顔でいてくれることでしょう。

1484489668606

1484489689874

1v6a9260

1484489700174_1

楽しい時間をこれからも共有して、思い出を作っていきたいですね。

« 今年もよろしくお願いいたします。 | トップページ | 旅紀行Vol.5 飛騨高山 »

コメント

liebe(りいべ)です。

岩山君とは彼が入院する前、理研勤務の時に東京で何度も会っています。
T君やI藤君などと一緒だったと思います。
写真はあるはずなんだけど見つからない。
また探してみるね。

本当に頭の良い優秀な人間だったよね。
悲しいけど悲しまれるのは好きじゃないのかな?
今までありがとう。

・・・1・17・・・

〇あれから22年、色々当時を思い出しましたが、
やはり何か時間が過ぎて自分でも驚くほど冷静になっていました。

ところが・・・

今日の神戸新聞の夕刊の一面におじさんのインタビューが載っていて、
当日亡くなったおばさんの事が掲載されていました。
写真で慰霊碑に名前も確認できました。

はっと我に返って、本当に人の良い好きなおばさんだったので、
残念でなりません。(涙)(合掌)

・・・岩山君・・・

〇高校時代の写真では後ろとか端で写っているのに、同窓会の集合写真では
中央ですね。何か運命を感じます。

〇岩山君が自分で選んだポーアイの病院に入院する前に、
岩山君の希望で奥さんから友達を集めて家で食べ会をしてほしいと頼まれました。
6人集めました。治療前で食べるのに問題無かったので岩山君のリクエストは
去年、花見に持って行った「谷口の串カツ」でした。

ワイワイ騒いで最後に励まして別れました。

入院してから1か月半くらいかな?奥さんから少し元気が無いから励まして欲しいと
頼まれて、5人で病院に行きました。
岩山君が思っているほど回復が早くなく、精神的に落ち込んでいたようです。

退院してからは、何回かボクの家にも来ました。
Y岡君と僕と3人でJazzを聴きに行ったことも有ります。

ゆっくりと回復基調だと思っていたのですが誤嚥性肺炎と言う意外な落とし穴が
有りました。

お通夜は、奥さんから賑やかに送ってほしいと言う希望に多少は答えられたと
思っています。

奥さんと嫁さんは大学の友人で他の友人も集めて、「励ます会」を近々にするそうです。

岩山とは高校時代はほとんど接点がなかったけど同窓会で話し始めてから何度かメールを交信する様になってたのに残念や。それにしても山岡の写真メチャ懐かしいな。他のみんなもこの時代の手持ちの写真発表して欲しいなあ。誰でも5枚や10枚は持ってるんちゃうか?


>ある日、フォークソング同好会の定例コンサートの時、顧問の三好先生が穴を発見!

最近、BSのフォークソングの番組をみていると、「杉田二郎さんって地理の三好昇先生に似ているな」と思う。続いて「生物の渋野竜二先生は北山修さんに似ているな」と想ったりする。何れ懐かしい。

3年生のクラス写真を見ていた姉が「この子が一番綺麗ねsign01」覗き込んだ私「お姉ちゃん、この子男だよsign01」姉からは悲鳴が聞こえた・・・

スリムでロン毛の岩山君だったcoldsweats02coldsweats02coldsweats02

>然しながら大きなコンクリートの塊に阻まれ断念。

大きな石の塊は、櫓を組んでいったん排出したと記憶。

>ある日、フォークソング同好会の定例コンサートの時、顧問の三好先生が穴を発見!ひどく怒られた記憶はないが、授業中にもかかわらず埋戻しに行かされた

第一発見者は、図書室(部室長屋南側の校舎上階)嘱託のS司書だったと記憶。上から覗き込む様子は、ヒッチコックの映画の一シーンのようだった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年もよろしくお願いいたします。 | トップページ | 旅紀行Vol.5 飛騨高山 »

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ