« 神戸開港150年 | トップページ | くすのき亭と浜君の小樽での写真展のご案内です。 »

神戸人形

前回に引き続き。神戸税関南のKIITOで展示している神戸人形

「神戸人形」は、明治時代中頃に神戸で誕生したからくり人形です

台の上の人形が手を動かし、首をふり、大きな口をあけて西瓜を食べたり、酒を飲んだり…。

その滑稽な動きと繊細な仕掛けは、神戸っ子だけでなく、神戸を訪れる外国人観光客の人気

明治時代の神戸人形は、柘植(つげ)などの材料が使用され、木肌の美しさを強調した作品が多かった。

やがて全体が黒く塗られるようになり、その様式が整っていく大正から昭和初期には「神戸人形」の名前が定着していきました。

神戸人形の作者として分かっているのは、初代の野口百鬼堂、二代目と目される出崎房松、昭和初期に神戸人形を有名にした小田太四郎、そして戦後、数百種に及ぶ神戸人形を精力的に製作した数岡雅敦です。

Img_0155_640x427

Img_0157_640x427

Img_0159_640x427

Img_0171_640x427_2  Img_0172_640x427

頭を前に倒すと目玉が・・・・









« 神戸開港150年 | トップページ | くすのき亭と浜君の小樽での写真展のご案内です。 »

コメント

あかんでしょ。JUNちゃん休まなきゃあ~~。無理をしてはあかんよ。
わたしが昨年9月にひいた風邪と同じですね。声がでなく、しゃべるのがこんなに大変~と、思ったことはなかったよ。でも低体温にはならなかったから・・ちがうかな??大事にしなきゃあ~~ね。

娘のテストが終わりました。\(^o^)/ヤッタ~です。日曜日娘はもう、ボードに!やるね~~!!でしょ。わたしもどこかへ??いえいえ、休養しておきます。

年とともに、体調を崩しても、なかなか回復しない・・・
低体温から10日以上過ぎても、万全とはいえない。
しっかり仕事にも行ってるし、回復が遅くてもしかたないか。
木曜日には、あまりのハスキーボイスに、みんなから「飴持ってるからあげる」「みかん持ってるから食べ」「家にある柚子茶持って行ってあげるわ」などなど、やさしいお言葉をかけていただきました。
昨日は、その声のままで仕事に行ったら、仲良しの入居者さん(おじいちゃん)が「なかなかのハスキーボイスや。イケてるやん」と。
今朝は、少し声もマシ。
がんばってお仕事行ってきます。
ところで、今回の私の体調不良って、結局、なんだったんだろ。
病院では、風邪ともいえないし、原因不明だと。
発熱もないし、下痢や嘔吐もないし・・・ね。
でも、鼻水、声がれ・・・やっぱり風邪だよね。
まだまだ、気温差があると思います。
みなさんも、体調を崩さないでね。


めいさん
いよいよ花粉の季節に突入。
今年も、早めの対策をね。
お花見、参加できるといいね。

アパホテルの本設置問題で札幌冬季アジア大会を初めて知ったshock

何時決まったん???

開会式も何時の間にか終り、「ええぇ〜」と思い新聞の一面を、日にち毎に見たがやはり載ってないsign02スポーツ欄を見ると片隅に小さい記事で日本選手の行進姿が写っているだけだった・・・

四大陸フィギュアの方が有名やなwobbly

神戸人形っていうのですね。
覚えはあります。「ちびくろサンボ」・・・禁止用語ですけど、をモチーフしたものもありますね。
神戸人形だけで、埋まってるのでしょうか。時間が取れたら行きたいです。

寒いの暑いのか、体調に異変が生じるわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神戸開港150年 | トップページ | くすのき亭と浜君の小樽での写真展のご案内です。 »

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ