« 暑中お見舞申し上げます。この暑さにまけず、くすのき亭が開催されました。 | トップページ | 写真がなくてすみません。9月12日 »

8月。猛暑から、そして



8月。猛暑です。でもここ1~2日ちょっとましかな?

8月5日長男家族とともに神戸花火大会に行きました。兵庫ふ頭。中央市場から海側へ行きます。決して穴場ではありません。18時過ぎに行きましたが、最近できたイオンモールの駐車場は満車。一駅向うの和田岬駅の駐車場に。そこから電車で中央市場へ。電車も超満員。

Img_3163_640x427

夏の風物詩、花火をどうぞ。

1_640x450

2_640x450

3_640x450

4_640x450
5_640x450_2

6_640x450

9_640x450

10_640x450

11_640x450

12_640x450

14_640x450

15_640x450


そして、8月、9月と過ぎたら、10月ひろがり旅行は飛騨高山へ行きます。









« 暑中お見舞申し上げます。この暑さにまけず、くすのき亭が開催されました。 | トップページ | 写真がなくてすみません。9月12日 »

コメント

liebe(りいべ)です。

YUKIちゃん、コメントありがとうございます(^^)/
Facebookでは300人以上の方がメッセージを下さいました。
すごく嬉しかったです。

皆様、早期発見すれば、内視鏡手術は保険適用なので10万円以下で済んでしまいます。
本当に検診を受けて下さいね。

liebeさん、完治良かったですね!おめでとうございます。 2か月の間、色んな想いをされたのでしょうね。 私の周りにも、元気に復帰されてる方が何人かいらっしゃいます。それにしても、Facebookのコメント数すごいですね。 繋がりがいっぱい! これからもご自愛くださいませ。

皆様 liebeです。
すでにFacebookで書いたのでご存じの方もいらっしゃいますが、私は食道ガンになりました。
そして100%完治しました。その時の事を書きますので、長くなりますがお読み頂けると幸いです。

7月3日に年に1度受けている内視鏡検査(胃カメラ)で食道ガンの疑いがあると言われました。始めて聞く「ガン」という言葉にどう反応してよいのか自分自身がとまどいました。1週間後には詳しい結果が出るので来て下さい、と言われましたが、何だか夢のようでした。
でも不思議と恐怖感はありませんでした。帰りの車の中で、「これで少しは人に優しくなれるかな」と思ったらなぜか笑顔になっている自分に驚きました。また29才で乳ガンで亡くなった作曲の教え子の事を思い、彼女はどんな気持ちで最後まで過ごしたのだろうか、という事も思いました。
しかし10日までの一週間は正直いって辛かったです。眠れませんでした。ところが10日に「残念ながらガンです」と言われた時には何故かその状況を冷静に受け止める事が出来ました。「二人に一人がガンになる」と言われているのだから、ガンになるのは当たり前だろう、とも思いました。
さらに1週間後、再度の内視鏡でガンの深さなどを調べてもらったのですが、初期であるという事が分かり、「あぁ、助かるのかもしれない」と思いましたが、まだ半信半疑でした。
丁度前後して知り合いのピアノ教師の生徒さんのお父様が消化器内科の先生をしていて、素晴らしい先生を紹介して下さる」という事でお目にかかりました。紹介して下さる先生の名前はNTT東日本病院の大圃研(おおはたけん)先生で、内視鏡手術のスペシャリストという事が分かりました。大圃先生の事は検索すると「ドクターズコメント」や「情熱大陸」での動画を見る事が出来ます。
私の手術は前日の他の先生の説明では、3時間くらいかかるかもしれない、との事でしたが、何とたった20分で手術が終わりました。凄く取りにくい場所だったそうですが、まさしくゴッドハンドだと思いました。内視鏡による手術なので術後も痛みは全くありませんでした。
またガン告知を受けたのと時を同じくして、ブルゴーニュワインのパーティーで斜め向かいに座った先生が消化器内科の先生で、その先生も大圃先生とお知り合いという事で、その先生からもメールで「大政さんをよろしくお願いします」と書いて下さいました。
また手術前に言われたのですが、「胃カメラの検査でよくこのガンを見つけられましたね。すごく分かりにくい場所です」との事でした。それを知り、私はまだ生きろという事なのかな、とも思いました。
私が皆様にお伝えしたい事は、「定期検診を受けて下さい」という事です。それも出来たら信頼出来る病院での検査をオススメします。NTT東日本病院でも人間ドックを実施しています。
ふつう病院の先生は音大の先生と同じで、大学や病院の名前で選んでもまったく手術の下手な先生や、指導が下手な先生がいますので、あまり意味がありませんが、この病院では全ての先生が大圃先生の指導の元で技術や知識を共有されているのです。
そうそう、内視鏡手術は保険適用なので差額ベッド代を除くとかなり収入のある人でも100,000円もかかりません。
長くなりましたが、最後までお読み頂きありがとうございました。どうか皆様のご健康をお祈りいたします。

・・・前回お知らせした、無料のコンサート・・・
ガラガラだと思って初めて2階席に座ったのですが、
演奏中でも入りやすいのか遅れて入ってくる人がかなりいました。

・・・断捨離ではなく・・・
◯今まで使っていなかったちょっと高級な食器を日常的に使うことにしました。
電子レンジには使用できませんが(笑)結構プチセレブ感が有って良いですよ。

・・小ネタ情報・・・

〇今日、尼崎のアルカイックホールで関西初演と思われる
「スイス生まれのラフ(裸婦と違うよ)の交響曲第5番」その他を聴いてきました。

〇その帰り、阪神尼崎駅前の日本一早く阪神タイガースの優勝マジックナンバーを出す事で有名な商店街に寄りました。

今!あの優勝マジックナンバーの表示はどうなっているのか?
(答え)「めざそう クライマックス!」に替わっていました。(大笑い)

〇商店街の入り口のビルに「一人カラオケ専門店」が有りました。その名前は?
(答え)ソロ(小笑い)

〇9月3日(日)14:00開演(13:30開場) 神戸文化ホール大ホール(無料)
整理券が必要ですが、会場入り口で配布しています。
「六甲フィルハーモニー管弦楽団 第44回定期演奏会」
ベートーヴェン「交響曲8番」ブラームス「交響曲4番」他
曲目が良いので行こうと思っています。

幹事長、「高揚パラダイス」。

今日帰りに新開地に寄ってきました。建設予定地は工事を担う建設業者の名前入りの紅白の幕にテントがありました。いよいよスタートです。毎月第4土曜日には無料の落語会もあります。盛り上がる新開地、高揚する私です。

幹事長、満面の笑み
「神戸新開地・喜楽館」に…「楽しんで喜んで」
毎日新聞 2017.8.16.12:16
神戸市兵庫区の新開地に来夏開場する演芸場の名称が「神戸新開地・喜楽(きらく)館」に決まった。名称を公募していたNPO法人「新開地まちづくりNPO」が16日、発表した。同日の起工式に出席した上方落語協会の桂文枝会長は「楽しんで喜んでもらいたい。そして気楽に来ていただきたい」と語った。2006年開業の天満天神繁昌亭(大阪市北区)に続く、第2の上方落語の定席として計画された新開地の演芸場は、国、兵庫県、神戸市が建設費を負担。運営はNPOが担当し、上方落語協会が出演者を派遣する。建物は繁昌亭と同規模の2階建て、客席数約200で来年夏の開業を予定。名称は1046通の応募の中から選ばれた。【山田夢留】

K家くんのアイデアに賛成!!
でも、あのあたりのホテルって、花火大会の日は、早くから予約でいっぱいとか・・・
ホテルのディナー付花火鑑賞は16000円くらいだったかな。
それは、ちょっともったいない・・・
誰か、港近くの高層マンションの花火が観える部屋を購入してくれないかなぁ・・・

K家君、いいアイデアですね~🎆。実現出来ればいいね。去年初めて行ったけど、とっても綺麗でした。また行きたいな~~(*^▽^*)

一枚目、まるで「難民が漂着の図」ですね。
ひろがりで一年前からホテルオークラとかメリケンパークオリエンタルを予約して、天の松花堂弁当を持ち込み小宴なんて実現可能なのかなあ?!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑中お見舞申し上げます。この暑さにまけず、くすのき亭が開催されました。 | トップページ | 写真がなくてすみません。9月12日 »

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ